HNRNP 疾患とは?

HNRNPって何?
  • HNRNP とは、heterogeneous nuclear ribonuceloproteins: ヘテロ核リボヌクレオタンパク質に関連する遺伝子のファミリーのことが由来です。hnRNPと表記されます。
  • hnRNPは30種類ほどのRNA結合タンパク質を含む大きなファミリーです。
  • これらのタンパク質は細胞内で非常に重要であり、下記の多くの遺伝子のRNAプロセシングの多くの側面に貢献しています
  1. 代替スプライシング(遺伝子のどのバージョンが発現されるかを決める)
  2. mRNAの安定化(発現した遺伝子が分解されないようにする)
  3. 転写の制御(どの遺伝子がどこで発現するかを決める)
  4. 翻訳の制御(どのmRNAがタンパク質になるかを決める手助けをする)
  • hnRNPが分子レベルで似ていることもわかっている。さらに、hnRNPは互いに協力し、補い合うことができる。
  • hnRNPは、がんや神経変性疾患への関与のため、長い間医学界で大きな関心を集めてきたが、 その多くはhnRNP自体の発現変化によるものであった。対照的に、HNRNP神経発達障害は遺伝子内の変異によって引き起こされる。
  • 一般に、RNA結合タンパク質は神経発達において重要な役割を担っている。
  • それぞれのhnRNPは、しばしば重複するものの、固有の役割を持っている。遺伝子がRNAになってからタンパク質になるまでに、hnRNPが関与している。
疫学 どうやって起こるの?どのくらいの割合で?
  • HNRNP 疾患はこのhnRNP遺伝子の変異によって起こります。
  • 遺伝性(両親から引き継がれるもの)ではなく多くが突然変異(de novo)です。
  • 非常に稀な疾患で、超希少疾患(20万人に一人以下)です。
  • 世界で合計700人程度の患者が確認されています(2023年時点)
  • 出生児、または乳幼児からの発達に影響が出ます。
何種類あるの?

 現在HNRNP関連遺伝子変異の神経発達障害は変異した遺伝子の種類で約10疾患報告されています。他にも候補遺伝子が見つかっています。

  • HNRNPU
  • HNRNPK(AU-Kline症候群/オカモト症候群)
  • HNRNPH1
  • HNRNPH2(バイン症候群)
  • HNRNPQ(SYNCRIP)
  • HNRNPR
  • HNRNPG
  • HNRNPC
  • HNRNPD
  • HNRNPUL1/HNRNPL2

それぞれの疾患について

HNRNPU
HNRNPK
HNRNPH1
HNRNPH2
HNRNPQ
HNRNPD
HNRNPC
HNRNPG
HNRNPR
HNRNPUL1, HNRNPUL2

→症状